MRSA感染症への対応 : 感染・伝播予防の実際

秋山武久 著

本書の特色は、現在MRSAの抱えるすべての問題について、広い視野から、著者自身の長年の体験に基づく成果を詳細に述べられている点にあります。しかも記述は、随所にコメントとして関連する話題や興味深いエピソードなどが紹介され、医学を専攻していない者にもできるだけわかりやすく、肩の凝らないように工夫されています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 院内感染症とは
  • 第2章 正常細胞叢とは
  • 第3章 ブドウ球菌の一般性状
  • 第4章 化学療法剤の開発とMRSAの出現
  • 第5章 MRSAの耐性機構
  • 第6章 MRSAの臨床検査法
  • 第7章 MRSA陽性という検査報告書が届いたときにはどうすべきか
  • 第8章 MRSA感染症に対する宿主側の防御機構と易感染性宿主
  • 第9章 MRSA感染症の薬物療法
  • 第10章 菌血症と敗血症ならびにその合併症としての感染性心内膜炎と骨髄炎
  • 第11章 呼吸器感染症
  • 第12章 術後感染症
  • 第13章 未熟児、新生児の敗血症とNICU
  • 第14章 寝たきり老人の褥瘡感染症
  • 第15章 院内感染症対策の実際
  • 第16章 MRSA感染症を巡る医事紛争
  • 術語の解説
  • 引用文献

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 MRSA感染症への対応 : 感染・伝播予防の実際
著作者等 秋山 武久
書名ヨミ エムアールエスエイ カンセンショウ エノ タイオウ
書名別名 Emuaruesuei kansensho eno taio
出版元 薬業時報社
刊行年月 1994.3
ページ数 299p
大きさ 26cm
ISBN 4840719853
NCID BN10501493
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95002332
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想