日本の水問題を考える : 水はほんとうにたりないのか

高橋裕 著

[目次]

  • もくじ
  • はじめに
  • I かわく日本 / p13
  • やっかいな水問題の数々 / p14
  • 水不足の真因はどこにあるのか / p15
  • 都民の水袋・小河内ダムはこうしてうまれた / p18
  • 出発と挫折 / p21
  • 戦い終って…… / p22
  • 「これで当分だいじょうぶ」 / p23
  • リリーフのない小河内のノック・アウト / p25
  • 水需要の急増 / p28
  • 都市と水 / p30
  • 生活水準の向上と家庭用水 / p38
  • 給水量増加の主因 / p42
  • 迷い子の迷い子の水やーい / p44
  • 水問題のとらえ方 / p47
  • 水に依存する日本の工業力 / p49
  • 水不足は消費都市だけの話ではない / p53
  • 工業用水のゆくえ / p56
  • 工業用水はどこに求めるか / p59
  • 工業用水の地域別特性 / p61
  • 農業用水への風当たり / p66
  • ある一つの底流が…… / p69
  • II 非情な水 / p73
  • 年中行事であばれる川 / p74
  • 日本の雨と川 / p75
  • わが国のダム / p80
  • 水害を大きくする社会的側面 / p83
  • 自然と人間との対話 / p83
  • 維新前夜の治水 / p85
  • 大利根のつけかえ / p87
  • 明治の治水 / p91
  • 非情な川 / p93
  • 年々ふくれあがる流量 / p96
  • 続発する大水害の根本的原因 / p98
  • 川は生きている / p101
  • おびえる都市 / p103
  • 治水技術の本質にあるべきもの / p107
  • III 明日の水を生みだすために / p109
  • 水問題にきめ手はあるか / p110
  • ダム建設にまつわる問題 / p110
  • 金だけではラチがあかない / p112
  • ダムと利水、治水 / p113
  • 河口堰のこと / p115
  • 臨海工業地帯の新水源 / p116
  • 人工降雨の実用性 / p118
  • 降った水を空にかえすな / p122
  • ありあまる海水を真水にできないか / p126
  • 蒸発法 / p129
  • その他の新技術 / p131
  • 諸外国の海水淡水化研究 / p133
  • 使った水をまた使え / p134
  • 安い水をすくいあげて / p137
  • 下水処理水の利用 / p138
  • 人工地下水 / p140
  • 水源対策としての地下水問題 / p143
  • 夢物語ではない / p144
  • 技術者への新しい課題 / p145
  • あるひとつのドラマ。舞台は、川と人と穀倉地帯と…… / p148
  • スポット・ライトはどこにあたるか / p151
  • メコン川と氾濫のリズム / p154
  • 水経営者としての条件 / p159
  • 水問題にみるアメリカの先進性 / p160
  • 堅くて大きい壁、それが水なのだ / p165
  • IV 水問題という試金石 / p167
  • 水問題共通の根 / p168
  • 明日をどうする / p172
  • 変貌する日本の産業 / p176
  • 農村はどう変わる / p181
  • 変化し膨脹する水需要対策 / p183
  • 水と未来都市 / p187
  • 現代版八岐の大蛇 / p190
  • 学問は何をすべきか / p193
  • 水問題は日本人にとっての試金石である / p196

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本の水問題を考える : 水はほんとうにたりないのか
著作者等 高橋 裕
書名ヨミ ニホン ノ ミズ モンダイ オ カンガエル : ミズ ワ ホントウニ タリナイノカ
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1965
ページ数 198p
大きさ 18cm
NCID BN10495018
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
65006517
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想