北日本の考古学 : 南と北の地域性

日本考古学協会 編

本書は、最新の考古学の成果と人類学・古代史学などの幅広い分野から、古代北日本の地域性を解明し、その特質に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 北方の古代文化-南と北の地域性
  • 縄文土器にみる南と北-北の円筒土器様式と南の大木土器様式
  • 縄文時代の物と人の移動-津軽海峡をはさむ文化交流
  • 東北地方弥生文化の展開と地域性
  • 北海道の続縄文文化と東北
  • 古人骨にみる北部日本人の形質
  • 古代城柵の設置とその意義
  • 古代東北地方北部の生業にみる地域差
  • 古代東北地方南部の集落と生業
  • 古代東北の南と北
  • 共同討議 古代北方日本の南と北-北からの視点

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 北日本の考古学 : 南と北の地域性
著作者等 日本考古学協会
書名ヨミ キタニホン ノ コウコガク
書名別名 Kitanihon no kokogaku
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1994.3
ページ数 248p
大きさ 20cm
ISBN 4642074198
NCID BN10494037
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94033238
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想