幕末維新期の文化と情報

宮地正人 著

幕末維新期の史料には興味尽きないものがある。本書に取り扱う芸能・文化・情報に関する史料群もその一端である。明治維新政治史を専攻する著者は、まず史料から出発し、その鋭い史眼をもって、これらの史料を明析・明解な論理で解き明かして行く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 幕末の政治・情報・文化の関係について
  • 第2章 江戸の都市空間と遊廓-幕末期老中苑吉原名主探索書を手懸りとして
  • 第3章 江戸後期の手紙と社会
  • 第4章 芸能と芸能民-地域の視座から
  • 第5章 坪井信良とその時代-蘭医坪井信良家兄宛書翰集によせて
  • 第6章 ある農村出身剣客の軌跡
  • 第7章 国家神道の確立過程

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幕末維新期の文化と情報
著作者等 宮地 正人
書名ヨミ バクマツ イシンキ ノ ブンカ ト ジョウホウ
シリーズ名 歴史学叢書
出版元 名著刊行会
刊行年月 1994.3
ページ数 262p
大きさ 20cm
ISBN 483900286X
NCID BN10485127
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94042315
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想