ECの農政改革に学ぶ : 苦悩する先進国農政

是永東彦 ほか著

農業・農政理念の根本的見直しのためにEC農政の来し方・行く末を読む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 新しい農政理念を求めて
  • 1 マンスホルトからマクシャリーへ-EC共通農業政策<CAP>の軌跡(欧州統合と新保護主義農政
  • CAP理念の適応
  • マクシャリー提案への道
  • 輸出国時代のCAPシステム
  • 苦悩するEC農政)
  • 2 EC各国の個性ある対応(イギリス-その農業と共通農業政策改革
  • ドイツ-多様な顔をもつ条件不利地域対策
  • フランス-山地農業への重点的支持制度の展開)
  • 終章 日本農政へのメッセージ-EC農政の示唆するもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ECの農政改革に学ぶ : 苦悩する先進国農政
著作者等 是永 東彦
津谷 好人
福士 正博
書名ヨミ イーシー ノ ノウセイ カイカク ニ マナブ
シリーズ名 全集世界の食料世界の農村 14
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 1994.3
ページ数 304, 6p
大きさ 22cm
ISBN 4540930982
NCID BN10477173
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94038199
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想