白痴  下

ドストエーフスキイ 作 ; 米川正夫 訳

完全に美しい人間を描くという、作家が自ら課したもっとも困難な作業。ムイシュキンら四人の愛はもつれ、物語は悲劇的終局へと向かう。「はたして、私の『白痴』は現実ではないでしょうか、しかも極めてありふれた現実ではないでしょうか。」

「BOOKデータベース」より

完全に美しい人間を描くという、作家が自らに課したもっとも困難な作業。ムイシュキンら四人の愛はもつれ、物語は悲劇的終局へと向かう。-「はたして、私の『白痴』は現実ではないでしょうか、しかも極めてありふれた現実ではないでしょうか!」。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 白痴
著作者等 Dostoyevsky, Fyodor
Dostoyevsky, Fyodor M.
米川 正夫
Достовский Фёдор Михайлович
ドストエーフスキイ
書名ヨミ ハクチ
書名別名 Идиот

Hakuchi
シリーズ名 岩波文庫
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 1994.3
版表示 改版
ページ数 555p
大きさ 15cm
ISBN 4003261399
NCID BN1047454X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94049620
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想