大往生

永六輔 著

人はみな必ず死ぬ。死なないわけにはいかない。それなら、人間らしい死を迎えるために、深刻ぶらずに、もっと気楽に「老い」「病い」、そして「死」を語りあおう。本書は、全国津々浦々を旅するなかで聞いた、心にしみる庶民のホンネや寸言をちりばめつつ、自在に書き綴られた人生の知恵。死への確かなまなざしが、生の尊さを照らし出す。

「BOOKデータベース」より

人はみな必ず死ぬ。死なないわけにはいかない。それなら、人間らしい死を迎えるために、深刻ぶらずに、もっと気楽に「老い」「病い」、そして「死」を語りあおう。本書は、全国津々浦々を旅するなかで聞いた、心にしみる庶民のホンネや寸言をちりばめつつ、自在に書き綴られた人生の知恵。死への確かなまなざしが、生の尊さを照らし出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 老い-人間、今が一番若いんだよ
  • 2 病い 医者に文句をつけるのが大切なんです
  • 3 死-生まれてきたように死んでいきたい
  • 4 仲間-怖がらなくてもいいと言い
  • 5 父-死にたくはないけれど
  • 弔辞-私自身のために

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 老い-「人間、今が一番若いんだよ」
  • 2 病い-「医者に文句をつけるのが大切なんです」
  • 3 死-「生まれてきたように死んでいきたい」
  • 4 仲間-「怖がらなくてもいいと言い」
  • 5 父-「死にたくはないけれど」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大往生
著作者等 永 六輔
書名ヨミ ダイオウジョウ
書名別名 Daiojo
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1994.3
ページ数 199p
大きさ 18cm
ISBN 400430329X
NCID BN10465414
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94048438
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想