ベルギー : ヨーロッパが見える国

小川秀樹 著

ECの中心ブリュッセルを首都に持つベルギー王国。言語・民族・文化の対立を内包しつつ、欧州統合の要として機能する小国のパワーを探る。ラテンとゲルマンの交差点国家が欧州全域に及ぼす影響力とは。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 なぜベルギーか
  • 第2章 ヨーロッパの都の華麗なる歴史
  • 第3章 言語戦争
  • 第4章 ラテンとゲルマンの間で
  • 第5章 植民地帝国ベルギー
  • 第6章 ベルギーと日本
  • 第7章 ベルギー的小国の役割

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ベルギー : ヨーロッパが見える国
著作者等 小川 秀樹
書名ヨミ ベルギー
シリーズ名 新潮選書
出版元 新潮社
刊行年月 1994.2
ページ数 259p
大きさ 20cm
ISBN 4106004542
NCID BN10450723
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94036101
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想