驢馬は旅に出て : ロンドンからの眺め

河村雅隆 著

NHKのプロデューサーである著者が、MICO副社長としてロンドンに赴任。経済不振、IRAのテロ、階級差別など数々の問題をかかえたイギリスの素顔は、よく言われる「斜陽の帝国」だけではなかった。BBCの番組制作とそのシステム、世界への影響力など、メディアの裏話から、日常生活まで、ロンドンを窓にして、いままでにない視点で描いた「新・イギリス論」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 イギリスの窓から(イギリスのふたつの顔-イギリスは強いのか、弱いのか
  • イギリス経済管見
  • IRAとのつきあい方
  • 英語という「資源」
  • ラウンドアバウトを抜けるたび… ほか)
  • 第2章 ヨーロッパ・旅の手帖から(オランダの「ハンガリー人」
  • 運河の町のお伽噺
  • ディートリヒの「帰郷」
  • アフリカのエリート
  • オフィスの中の日本人 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 驢馬は旅に出て : ロンドンからの眺め
著作者等 河村 雅隆
書名ヨミ ロバ ワ タビ ニ デテ
書名別名 Roba wa tabi ni dete
出版元 ブロンズ新社
刊行年月 1993.8
ページ数 221p
大きさ 20cm
ISBN 4893090747
NCID BN10443444
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93063973
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想