水平運動史研究 : 民族差別批判

キム・チョンミ 著

被差別部落民の生活と権利を守りぬくために必然的に生まれた水平運動が、1930〜40年代は深まりゆく日本のアジア侵略に加担し、戦後は"戦争責任"が問われぬまま反差別の担い手になる過程を厳しく検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 侵略の時代をおわらせるために
  • 第1編 東アジア史における水平運動(東アジア史における全国水平社大会
  • 「元号」、水平暦、西暦、「皇紀」
  • 民族差別と部落差別について
  • 「国民融和」と「大東亜民族協和」
  • アイヌモシリ植民地化と部落「解放」運動)
  • 第2編 民族差別を内包した部落「解放」運動批判(「反部落差別・アジア侵略」批判
  • だれが、かつての「大日本国一等軍医監」を「解放の父」としたのか
  • だれが、なぜ、いつわりの再出発を許しつづけたのか)
  • 第3編 水平運動史研究批判-批判にいつこたえるのか(「侵略戦争そのものをあるがままに受容する」とはどういうことなのか
  • 「告発の限界性を止揚する」という日本人があらわれた
  • 民族差別者・戦争協力者をいつまで「解放の父」としておくのか)
  • 結章 ことば・存在・関係
  • 補章 われわれが知らなければならない日本近現代史

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 水平運動史研究 : 民族差別批判
著作者等 金 静美
書名ヨミ スイヘイ ウンドウシ ケンキュウ
書名別名 Suihei undoshi kenkyu
出版元 現代企画室
刊行年月 1994.1
ページ数 771p
大きさ 22cm
ISBN 4773893125
NCID BN1043505X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94027490
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想