論集『日本書紀』「神代」

神野志隆光 編

『古事記』『日本書紀』の「神代」は、それぞれ別な神話としてとらえねばならない。それは、作品において成り立つ神話、という見地である。そのような見地から、『日本書紀』「神代」に向かおうとする作品論的研究の試みとして本書は成された。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「記紀神話」論からの脱却
  • 2 『日本書記』「神代」第一段の構成-「葦牙」のごとき「一物」をめぐって
  • 3 『日本書紀』にとって「根の国」とは何か
  • 4 心と秩序とをめぐって-「作品の論理」の中のスサノヲ・アマテラス
  • 5 アマテラスとスサノヲのウケヒをめぐって
  • 6 古代神話のポリフォニー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 論集『日本書紀』「神代」
著作者等 神野志 隆光
書名ヨミ ロンシュウ ニホン ショキ ジンダイ
シリーズ名 日本書紀 82
和泉選書 82
出版元 和泉書院
刊行年月 1993.12
ページ数 146p
大きさ 20cm
ISBN 4870886251
NCID BN1040778X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94027276
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想