子守り唄の誕生 : 五木の子守唄をめぐる精神史

赤坂憲雄 著

日本の子守り唄はなぜ暗いのか。重く湿った匂いはどこから来るのか。近代の闇の底から聴こえてくる、数も知れぬ守り子たちの呟きの唄を解読し、忘れられた精神史の風景を掘り起こす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 子り子唄への道
  • 第2章 五木の子守唄とは何か
  • 第3章 守り子たちの日々
  • 第4章 流れものの譜
  • 第5章 守り子の父は誰か
  • 第6章 宇目の唄げんか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子守り唄の誕生 : 五木の子守唄をめぐる精神史
著作者等 赤坂 憲雄
書名ヨミ コモリウタ ノ タンジョウ
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1994.2
ページ数 200p
大きさ 18cm
ISBN 4061491903
NCID BN10400339
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94032070
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想