歴史の発見

ラス・カサス [著] ; 長南実 訳

16世紀、大西洋圏に展開したヨーロッパ主導の新秩序造出運動の核心に、他民族の権利と歴史に対する無知と無感覚を見届けた、一聖職者の孤絶した戦いが生み出した稀有の歴史書。なかでも、「死者の島」となったかつての「楽園」エスパニョーラ島を、発見=征服事業を根柢から裁く主体としてとり出した著者の方法の新しさは、他をよせつけない新しい世界史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 西アフリカ
  • 第2部 エスパニョーラ島
  • 第3部 「黄金のカスティーリヤ」地方
  • 第4部 虚偽の証言者たち

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史の発見
著作者等 Casas, Bartolomé de las
長南 実
Las Casas
ラスカサス
書名ヨミ レキシ ノ ハッケン
書名別名 Historia de las Indias
シリーズ名 アンソロジー新世界の挑戦 13
出版元 岩波書店
刊行年月 1994.2
ページ数 369p
大きさ 20cm
ISBN 4000036432
NCID BN10395840
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94036103
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 スペイン語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想