芭蕉・鴎外・漱石 : 蓁園子古稀記念論集

時野谷滋 著

芭蕉の句、鴎外の詩、漱石の小品から漱石論までを実証史学の手法で縦横に分析する。文学と史学の学際を縫うユニークな研究。歴史研究者が提起する文芸作品論と作家論批判。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 芭蕉(芭蕉の佐渡
  • 続芭蕉の佐渡
  • 「手にとらば消ん」考)
  • 寒林史筆の芭蕉(『芭蕉の俤』の成立
  • 『芭蕉の俤』の内容と構成)
  • 鴎外(日露戦争における鴎外)
  • 漱石(『カーライル博物館』雑考
  • 『カーライル博物館』の演説使い
  • 漱石と兵役)
  • 古稀記念雑載

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 芭蕉・鴎外・漱石 : 蓁園子古稀記念論集
著作者等 時野谷 滋
書名ヨミ バショウ オウガイ ソウセキ
書名別名 Basho ogai soseki
出版元 近代文芸社
刊行年月 1993.12
ページ数 497p
大きさ 22cm
ISBN 4773320133
NCID BN10386726
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94025342
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想