国際組織の政治経済学 : 冷戦後の国際関係の枠組み

大芝亮 著

国連、世界銀行、欧州復興開発銀行等の国際組織は、今日、新しい国際秩序の安定をめぐって、かつてなく大きな役割を担うようになった。本書は、「大国」日本に期待が大きい国際組織の役割と課題を、国際政治経済学の視点から解明した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 冷戦後の国際関係へのアプローチ
  • 第2章 国連の選挙支援活動
  • 第3章 国際金融組織と「ガバナンス」
  • 第4章 開発NGOと「政治」問題
  • 第5章 国連、国際金融組織、NGOの役割と課題
  • 第6章 冷戦後の国際関係と日本の国際組織外交

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際組織の政治経済学 : 冷戦後の国際関係の枠組み
著作者等 大芝 亮
書名ヨミ コクサイ ソシキ ノ セイジ ケイザイガク
出版元 有斐閣
刊行年月 1994.2
ページ数 280, 10p
大きさ 20cm
ISBN 4641066817
NCID BN10386169
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94036234
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想