藤原行成

黒板伸夫 著

行成は生前「世のてかき」と讃えられ、現代も三蹟の一人として知らぬ人はない。しかし彼の本領は、藤原道長の摂関政治体制の中に生き、それを支えた典型的貴族官僚としての活動にある。本書は彼の日記『権記』を手がかりに、その実像に迫り、信仰や人生観など内面生活にも目を注ぎながら、当時の政治や宮廷社会のあり方を浮彫りにしている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 三蹟・四納言
  • 第1 誕生から元服-輝かしき家系とその明暗
  • 第2 官途への出発-修業の時代
  • 第3 頭弁行成へ-繁忙の日々
  • 第4 大丞の座-一帝二后
  • 第5 世尊寺供養-無常の世を踏みしめながら
  • 第6 宰相の座へ-明暗の除目・去り行く人々
  • 第7 恪勤の上達部-苦衷と栄達の道
  • 第8 侍従中納言-一条朝の終焉へ
  • 第9 三条天皇の代に-暗雲の時代
  • 第10 後一条朝開幕-御堂専制の世に
  • 第11 翳り行く名門の誇り-彼岸への旅立ち
  • 第12 藤原行政の人間像-学識・才芸・心的傾向
  • 第13 藤原行成の周辺-家族・居宅・家政機関・世尊寺家
  • 藤原行成関係系図

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 藤原行成
著作者等 日本歴史学会
黒板 伸夫
書名ヨミ フジワラ ノ ユキナリ
書名別名 Fujiwara no yukinari
シリーズ名 人物叢書 新装版
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1994.3
版表示 〔新装版〕
ページ数 303p
大きさ 19cm
ISBN 4642051996
NCID BN10379221
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94033278
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想