新河川法論

鮎川幸雄 著

[目次]

  • 目次
  • 序文及び自序
  • 第一部 河川法改正の背景 / p21
  • 第一 河川法の特色と河川法改正の一般的背景 / p23
  • 第二 河川の自然的性格と流域社会との関係 / p25
  • 第三 流域社会の変遷 / p30
  • 第四 河川法改正の試みと関係法律の制定 / p32
  • 第五 外国法制との関係 / p38
  • 第二部 新河川法制定の経緯 / p41
  • 第一章 閣議決定までの経緯 / p43
  • 第一 建設省原案作成までの経緯 / p43
  • 第二 閣議決定までの経緯 / p76
  • 第二章 新河川法案の国会審議の概要と河川法の成立 / p91
  • 第一 第四十三回通常国会における河川法案の審議概要 / p91
  • 第二 第四十四回臨時国会における河川法案の審議概要 / p93
  • 第三 第四十六回通常国会における河川法案及び河川法施行法案の審議概要と成立 / p93
  • 第三部 河川法改正の必要性と新河川管理制度の内容 / p95
  • 第一章 河川法改正の必要性 / p97
  • 第二章 旧河川法の基礎的部門に存する問題点 / p99
  • 第一 河川の分断的管理 / p99
  • 第二 普通河川の管理機関の不明確 / p101
  • 第三 河川管理権と私権との関係 / p102
  • 第三章 新しい河川管理制度の内容 / p105
  • 第一 新河川管理制度制定の経緯 / p105
  • 第二 新河川法の対象 / p130
  • 第三 河川管理の意義と内容 / p135
  • 第四 河川管理機関 / p136
  • 第五 河川の法律上の性格 / p138
  • 第六 河川行政の監督 / p158
  • 第七 河川に関する費用の負担 / p160
  • 第八 河川より年ずる収入 / p166
  • 第九 罰則 / p167
  • 第四部 河川工事、河川の使用及び河川に関する規制 / p175
  • 第一章 河川工事実施基本計画 / p177
  • 第一 河川計画に関する法制立案の歴史 / p177
  • 第二 河川工事の概念 / p179
  • 第三 工事実施基本計画の内容 / p181
  • 第二章 河川の使用及び河川に関する規制 / p184
  • 第一 水利権制度 / p184
  • 第二 ダムに関する特則 / p220
  • 第三 土地の占用の許可 / p230
  • 第四 土石等の採取の許可 / p231
  • 第五 工作物の新築等の許可 / p233
  • 第六 土地の掘さく等の許可 / p235
  • 第七 竹木の流送等の禁止、制限又は許可 / p236
  • 第八 河川の流水等について河川管理上支障を及ぼすおそれのある行為の禁止、制限又は許可 / p237
  • 参考資料 / p241
  • 第一 河川の状況(旧河川法による) / p243
  • 第二 準用河川、普通河川の敷地所有権の主体についての法令、判例、学説 / p247
  • 第三 旧河川法及び河川法改正試案 / p251
  • 第四 河川法改正要綱案(昭和三八年二月二一日作成建設省原案) / p309
  • 第五 新河川法(昭和三九年法律第一六七号) / p333

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 新河川法論
著作者等 鮎川 幸雄
書名ヨミ シン カセンホウロン
出版元 港出版社
刊行年月 1967
ページ数 356p
大きさ 22cm
NCID BN1037688X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67010250
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想