南千島探検始末記

ワシリー・ゴロウニン 著 ; 徳力真太郎 訳

1811年、ロシア海軍艦長のゴロウニンが、探検航海の果てに、幕府側に捕らえられるまで。千島列島の正確な地図はどのようにして完成したのか。本邦初訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 千島探検前史
  • 第1部 千島列島測量航海(出帆
  • 松輪島
  • 計吐夷島
  • 宇志知島
  • 羅処和島
  • 武魯頓島、知理保以島
  • 新知島
  • 得撫島
  • 択捉島
  • 色丹島
  • 国後島
  • 千島列島雑記)
  • 第2部 俘虜顛末記(択捉島における日本人との最初の交渉
  • 国後島で捕虜となる)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 南千島探検始末記
著作者等 Golovnin, Vasiliĭ Mikhaĭlovich
徳力 真太郎
Головнин Василий Михайлович
ゴロウニン ワシリー・ミハイロヴィチ
書名ヨミ ミナミチシマ タンケン シマツキ
書名別名 Сокращенные записки флота капитан-лейтенанта Головнина о плава нии его на шлюпе 《Диана》 для описи Курильских островов
出版元 同時代社
刊行年月 1994.1
ページ数 215p
大きさ 22cm
ISBN 4886833004
NCID BN1037521X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94031836
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想