日本の農業

原剛 著

コメの市場開放、食管制度の変貌、農薬・化学肥料による環境汚染…。担い手の高齢化が進み、戦後最悪の凶作にも見舞われた日本の農業に未来はあるのか。各地の農民の肉声を伝え、数多くのデータで農政の実態を明らかにし、若い世代が挑戦する新しい農業の可能性にまで説き及ぶ。これからの日本農業を考えるうえでの必読書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本農業の素顔
  • 第2章 山あいの村から
  • 第3章 食管制度の表と裏
  • 第4章 食料輸入の増加と自給力
  • 第5章 農業と環境
  • 第6章 日本の農業のこれから

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の農業
著作者等 原 剛
書名ヨミ ニホン ノ ノウギョウ
書名別名 Nihon no nogyo
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1994.2
ページ数 199, 10p
大きさ 18cm
ISBN 4004303230
NCID BN10369308
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94036659
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想