都市生活の心理学 : 都会の環境とその影響

Edward Krupat 著 ; 藤原武弘 監訳

この本は日常の都市生活を心理学の立場から記述したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 都市というアイディア(環境としての都市-序論
  • 都市の特性-都市対都市そして都市対町
  • 都市生活の定義とモデル
  • 認知された都市-イメージと行動)
  • 第2部 都市で生活すること(過剰な混雑、騒音、あらゆるストレスのある都市
  • 孤立と統合-都市における社会関係
  • 設計にもとづいた都市-物理的環境と都市生活
  • 都市は人間の住む場所として適しているか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 都市生活の心理学 : 都会の環境とその影響
著作者等 Krupat, Edward
藤原 武弘
クルパット エドワード
書名ヨミ トシ セイカツ ノ シンリガク
書名別名 People in cities
シリーズ名 環境と人間行動シリーズ 2
出版元 西村書店
刊行年月 1994.2
ページ数 273p
大きさ 22cm
ISBN 4890132155
NCID BN10354912
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94031956
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想