戦国大名今川氏の研究

有光友学 著

一六世紀、駿河・遠江・三河の東海三カ国にまたがる広大な領国を構築・支配した戦国大名今川氏。戦国期研究を論争的に綜括し、検地の特徴、年貢の収取体制、直轄領、伝馬制など、領国支配の実態と特質を究明して、その歴史的性格・支配原理を体系的に論証する。永年にわたる関係史料の蒐集に裏付けられた、大名領国にかかわる多方面の研究を集大成。

「BOOKデータベース」より

博士論文;博士論文

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 序章 戦国期研究と今川氏
  • 第1章 今川氏公事検地論
  • 第2章 今川氏の年貢収取体制-「米方・代方制」と「貫文制」
  • 第3章 今川氏の領国支配

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次 / p1
  • 序章 戦国期研究と今川氏 / p1
  • はじめに / p1
  • 第一節 戦国期研究の現状 / p4
  • I 戦後の戦国期研究の歩みと概要 / p4
  • II 戦国期研究の視点 / p14
  • 註 / p21
  • 第二節 戦国大名今川氏の研究 / p25
  • I 今川氏研究の流れと特徴 / p25
  • II 在地構造研究 / p27
  • III 基礎的研究 / p30
  • IV 領国形成研究 / p32
  • V 領国支配研究 / p36
  • おわりに-今川氏研究の課題- / p42
  • 註 / p46
  • 第一章 今川氏公事検地論 / p51
  • はじめに-研究史と問題の所在- / p51
  • 第一節 検地事例の検出 / p56
  • I 指標の設定 / p56
  • II 指標の検証 / p59
  • III 事例の検出 / p63
  • IV 三河の検地事例 / p68
  • 第二節 検地の性格 / p72
  • I 論点の整理 / p72
  • II「訴訟」の意味 / p74
  • III「論所検地」 / p77
  • IV 訴人・訴訟検地 / p79
  • V 訴人の性格 / p83
  • 第三節 検地の背景 / p87
  • I「今川仮名目録」第一条 / p87
  • II「定」第十二条 / p90
  • 第四節 検地の規模 / p94
  • 註 / p102
  • 付論一 戦国大名検地研究の発展のために-小和田哲男論文に寄せて- / p106
  • I 切発・隠田 / p106
  • II 内徳・加地子 / p109
  • III 本年貢・増分 / p112
  • IV 随時・限定的検地 / p114
  • V 訴人・公事検地 / p116
  • 註 / p120
  • 付論二 戦国大名検地論 / p121
  • I はじめに / p121
  • II 大名検地の特徴 / p121
  • III 大名検地の目的 / p123
  • IV 検地の施行原則 / p124
  • V 惣国検地の性格 / p127
  • VI 歴史的位置 / p128
  • 註 / p131
  • 第二章 今川氏の年貢収取体制 / p134
  • はじめに-問題の所在- / p134
  • 第一節「米方・代方制」について / p136
  • I 所領宛行方式 / p136
  • II 年貢収取方式 / p140
  • 第二節「米方制」について / p145
  • I 斗代の多様性と高斗代化 / p145
  • II 桝と俵の多様性 / p146
  • 第三節「代方制」について / p150
  • I「代方」の内容 / p150
  • II「代方」の意味 / p156
  • 第四節「貫文制」の実態と性格 / p158
  • I 反別貫文高(=斗代)の多様性 / p159
  • II「今川氏貫文高制論」批判 / p162
  • 第五節 田年貢=「代」の意味 / p168
  • I 天文十三年「大福寺注進状案」の性格 / p168
  • II 寄進状・売券の検討と「在地年貢」 / p175
  • III 延徳二年「岡本昌光田地売券」の意味 / p179
  • おわりに-今川氏収取体制の意味- / p183
  • 註 / p186
  • 第三章 今川氏の領国支配 / p196
  • 第一節 直轄領支配 / p196
  • I はじめに-問題の所在- / p196
  • II 直轄領の検出と分布 / p198
  • III 直轄領の成立と拡大 / p204
  • IV 直轄領の特質 / p211
  • V 収取機構と機能 / p217
  • 註 / p224
  • 第二節 伝馬制支配 / p229
  • I はじめに-問題の所在- / p229
  • II 伝馬制の確立 / p229
  • III 伝馬制の内容 / p234
  • IV 中世後期海陸交通と守護 / p236
  • V おわりに-残された問題- / p238
  • 註 / p242
  • 付論三 大名領国制期の経済構造 / p244
  • I 戦国期研究と在地構造 / p244
  • II 東北日本における在地構造 / p247
  • III 西国・中間地帯の在地構造 / p251
  • IV 畿内・近国の在地構造 / p254
  • V 貫高制論の問題点 / p257
  • 註 / p260
  • 第四章 今川氏と不入権 / p265
  • はじめに-問題の所在- / p265
  • 第一節 戦国大名と不入権 / p266
  • I 今川「仮名目録追加」制定の背景 / p266
  • II 戦国大名不入権付与政策 / p268
  • 第二節「今川仮名目録」など不入条項の検討 / p271
  • I「今川仮名目録」第二十二条・二十三条 / p271
  • II 今川「仮名目録追加」第五・十六・二十条 / p272
  • 第三節 今川氏不入文書の検討 / p277
  • I 今川氏不入文書の概要 / p277
  • II 不入地設定の意味 / p279
  • 第四節 今川氏不入権の内容と意味 / p284
  • I「諸役免許」について / p284
  • II「諸役」の内容 / p288
  • III 棟別免許について / p291
  • IV 「検地不入」について / p293
  • V 不入地と百姓 / p295
  • おわりに-不入権付与政策の意味- / p297
  • 註 / p299
  • 結語に代えて-本論文の成り立ち- / p301

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 戦国大名今川氏の研究
著作者等 有光 友学
有光友學
書名ヨミ センゴク ダイミョウ イマガワシ ノ ケンキュウ
書名別名 Sengoku daimyo imagawashi no kenkyu
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1994.2
版表示 オンデマンド版.
ページ数 433, 13p
大きさ 22cm
ISBN 4642027343
NCID BB14472290
BN10338381
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94031781
22367529
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想