山岳遭難記  第1

春日俊吉 著

[目次]

  • 目次
  • まえがき / p2
  • 1 前穂東稜〝氷壁〟事件の実相 / p9
  • 2 小渋川原に遺った赤いセーター / p15
  • 3 三ッ峠岩場の哀憐二重唱 / p22
  • 4 北鎌にのこした〝稀代の遺書〟 / p28
  • 5 阿蘇北岳の春の大吹雪 / p34
  • 6 大聖寺平に消えゆくいのち / p41
  • 7 谷川岳の女人登山哀傷譜 / p47
  • 8 西穂高稜線上の切り裂けた天幕 / p53
  • 9 劔沢南無の滝下の宙廻転 / p59
  • 10 北信濃雨飾山腹の雪上異変 / p65
  • 11 平標小屋に託すマスコット人形 / p72
  • 12 富士吉田大沢の荒れたける雪魔 / p81
  • 13 白峰北岳で切れたザックの紐 / p87
  • 14 芦別岳夫婦岩の〝業務致死〟事件 / p92
  • 15 雪の雲取尾根・月下の盲進 / p98
  • 16 白馬雪渓に捧げられる夾竹桃 / p105
  • 17 大雪山・三の沼樹間の椿事 / p112
  • 18 那須三本槍山稜上の陰雨 / p118
  • 19 朝日連峰鳥原山の〝岳妖〟記 / p124
  • 20 茨木画伯穂高にて〝失踪〟顚末 / p132
  • 21 マチガ沢雪洞生活中の変異 / p139
  • 22 北岳頂上のはからざりし落雷 / p145
  • 23 雪崩狂う日高のペテガリ岳 / p157
  • 24 甲斐アサヨ峰の胸打つ英雄児 / p169
  • 25 陸奥の雪山に斃るるいのち十一 / p177
  • 26 阿蘇鷲ガ峰の切れたザイル / p189
  • 27 伯耆大山の雪にベテラン逝く / p197
  • 28 岳川第三峰で〝山賊〟斃る / p206
  • 29 〝単独行〟の巨星天井沢に消ゆ / p213
  • 30 秩父将監小屋の火のつかぬマッチ / p221
  • 31 奥牧野寒風山東馬谷の雨と霧 / p229
  • 32 谷川岳幕岩の光輝ある敗北 / p240
  • 33 名ガイド佐伯宗作地獄谷に斃る / p246

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 山岳遭難記
著作者等 春日 俊吉
書名ヨミ サンガク ソウナンキ
書名別名 Sangaku sonanki
巻冊次 第1
出版元 明文堂
刊行年月 1959
ページ数 256p
大きさ 19cm
NCID BN10332807
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
59002271
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想