法華経を読む

鎌田茂雄 著

法華経の教えの根本思想はなにか。法華経の行者という自らの実践をとおしてこれを把握したのは、鎌倉時代の日蓮聖人である。どんな衆生も救わずにはおかないという仏陀の方便の力を説いて法華経にまさる他の経はなく、まさしく諸経の王といわれるゆえんである。わずか七巻二十八作品の経典の教えを、日蓮は「心の財第一なり」といった。本書こそ混迷を極める現代を生きる人々に必読の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『法華経』の真髄-「諸経の王」の精神
  • 序品-『法華経』の説く最高の真理
  • 方便品-真実の教えを説く前提
  • 譬喩品-一切衆生を救うための喩え
  • 信解品-菩薩の道への教え
  • 薬草喩品-修学のための教え
  • 授記品-仏性を開かせる教え
  • 化城喩品-精進を持続させる喩え
  • 五百弟子受記品-生得の仏性を開く〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 法華経を読む
著作者等 鎌田 茂雄
書名ヨミ ホケキョウ オ ヨム
シリーズ名 法華経
講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1994.2
ページ数 428p
大きさ 15cm
ISBN 4061591126
NCID BN10323191
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94030338
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想