会社法を学ぶ : 制度と実態を結ぶ基本テーマの解説

長浜洋一, 平出慶道 編

平成五年の会社法改正の複雑な内容を適切におりこんで全面的に一新した<第4版>。現代企業の組織を規制する会社法を理解しやすくした斬新な内容を盛りこみ、会社の制度上の問題点などの理解に本書は最適です。

「BOOKデータベース」より

平成六年の会社法改正の複雑な内容を適切におりこんで全面的に一新した。現代企業の組織を規制する会社法を理解しやすくした斬新な内容を盛りこみ、会社の制度上の問題点などの理解に最適である。

「BOOKデータベース」より

本書は平成九年の会社法改正の複雑な内容を適切におりこんで全面的に一新した。現代企業の組織を規制する会社法を理解しやすくした斬新な内容を盛りこみ、会社の制度上の問題点などの理解に最適です。

「BOOKデータベース」より

平成2年の会社法改正の複雑な内容を適切におりこんで全面的に一新した第3版。現代企業の組織を規制する会社法を理解しやすくした斬新な内容を盛りこみ、会社の制度上の問題点などの理解に本書は最適です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 企業-企業とはなにか、企業の形態にはどのようなものがあるか
  • 会社の意義と能力-会社はだれのもので、どのようなことができるのか
  • 会社の機能と濫用-所有と経営の分離の理念は公開会社と小規模会社とで実質が異なる
  • 会社法の歴史-巨大資本を形成する株式会社では大衆株主と債権者の保護が課題となる
  • 株式-株式とはどういうものでどんな種類があるか
  • 資本-資本金の表示にはどのような意味があるのか
  • 設立手続-株式会社の設立では発起人が一人でもよいので発起設立が好まれる
  • 会社の成立と権利義務の帰属-発起人の行為によって生ずる権利義務はどこまで会社に帰属するか
  • 設立に関する責任-発起人・取締役・監査役の責任は重い
  • 会社の不成立と設立無効-設立登記の有無によって無効の主張方法は異なる〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 企業-企業とはなにか、企業の形態にはどのようなものがあるか
  • 会社の意義と能力-会社はだれのもので、どのようなことができるのか
  • 会社の機能と濫用-所有と経営の分離の理念は公開会社と小規模会社とで実質が異なる
  • 会社法の歴史-巨大資本を形成する株式会社では大衆株主と債権者の保護が課題となる
  • 株式-株式とはどういうものでどんな種類があるか
  • 資本-資本金の表示にはどのような意味があるのか
  • 設立手続-株式会社の設立では発起人が一人でもよいので発起設立が好まれる
  • 会社の成立と権利義務の帰属-発起人の行為によって生ずる権利義務はどこまで会社に帰属するか〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 企業
  • 会社の意義と能力
  • 会社の機能と濫用
  • 会社法の歴史
  • 株式
  • 資本
  • 設立手続
  • 会社の成立と権利義務の帰属
  • 設立に関する責任
  • 会社の不成立と設立無効〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 企業
  • 会社の意義と能力
  • 会社の機能と濫用
  • 会社法の歴史
  • 株式
  • 資本
  • 設立手続
  • 会社の成立と権利義務の帰属
  • 設立に関する責任
  • 会社の不成立と設立無効
  • 株式の移転た対抗
  • 株主の権利
  • 株主総会
  • 株主総会決議の瑕疵
  • 取締役会
  • 取締役
  • 代表取締役
  • 監査役・会計監査人・検査役
  • 財産評価
  • 利益配当
  • 資金の調達
  • 新株の発行
  • 社債
  • 合併・分割・営業譲渡
  • 資本参加
  • 企業結合契約
  • 会社の再建
  • 解散と清算
  • 会社犯罪

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 会社法を学ぶ : 制度と実態を結ぶ基本テーマの解説
著作者等 平出 慶道
長浜 洋一
書名ヨミ カイシャホウ オ マナブ
シリーズ名 有斐閣選書
出版元 有斐閣
刊行年月 1975
版表示 第3版
ページ数 293, 5p
大きさ 19cm
ISBN 4641181594
NCID BA35192273
BN02047011
BN06207812
BN10313223
BN13417418
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
72005481
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想