背広の天皇

甘露寺受長 著

[目次]

  • もくじ
  • 序 志賀直哉
  • 序 武者小路實篤
  • 帝王教育
  • 変りなきお相 / p9
  • 自分の孫と思って / p15
  • 明治天皇と迪宮さま / p23
  • 王者の姿勢
  • 狸の話 / p30
  • 王者の姿勢 / p32
  • 御学問所での謡 / p36
  • 天皇の浮身
  • 殿下を海へざんぶり / p42
  • 天皇の浮身 / p50
  • 飾らむと思はざりせば
  • 雨はすぐ止むよ / p53
  • 押し相撲 / p58
  • 活動写真と牧野侍従 / p61
  • 右手のご挨拶 / p63
  • うるわしき師弟
  • 石井先生と酒 / p68
  • 乃木大将とのお別れ / p74
  • 科学者としてのお歩み
  • 御学問所の老提督 / p81
  • わたしの自由になるのは / p91
  • 最初のご採集 / p93
  • 新種第一号 / p96
  • 南海の砂浜にて / p99
  • ひとの迷惑にならぬこと / p102
  • 海外ご巡遊
  • 西園寺遭難 / p106
  • 大正天皇もお望み / p108
  • 高田侍医とのお別れ / p110
  • ビクトリア駅頭にて / p115
  • 替玉ではないか / p118
  • 古城の夜宴 / p122
  • ライオンの油絵 / p127
  • カムラン湾へお出迎え / p132
  • 帰りませ殿下 / p135
  • 摂政宮として
  • 女官制度をご改革 / p142
  • 天皇と和服 / p147
  • 嵐の中に / p150
  • 西瓜とうなぎの蒲焼 / p153
  • 黒煙下の親任式 / p158
  • 嵐の中に立たせらる
  • 一対のお雛さま / p162
  • 離宮のお庭にて / p165
  • 黒スワンと野鴨 / p169
  • とこしえにお睦じく / p172
  • 大正天皇崩御 / p175
  • ただ国民の上を / p178
  • 六十度のおん足跡 / p183
  • 暗の海上へご答礼 / p196
  • 笑いに満ちた宮中
  • お上のおん笑顔 / p203
  • 陛下とスポーツ / p209
  • フェアプレーに徹せらる
  • 背廣の天皇 / p221
  • など波風の / p227
  • 自分はどうなっても / p232
  • 湧き起る頌歌 / p243
  • 慕い夜寄る魂 / p246
  • 顕微鏡の聖者 / p253
  • むすび / p256
  • あとがき

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 背広の天皇
著作者等 甘露寺 受長
書名ヨミ セビロ ノ テンノウ
書名別名 Sebiro no tenno
出版元 東西文明社
刊行年月 1957
ページ数 261p 図版
大きさ 19cm
NCID BN10312898
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
57004405
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想