法隆寺への精神史

井上章一 著

法隆寺は面白い説に事欠かない。ギリシャ神殿のエンタシス柱がユーラシア大陸をこえて斑鳩の地に伝播し法隆寺の丸柱になった、という古代へのロマン…。数ある法隆寺論の歴史的変化を追い、近代日本の夢の跡を復元する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 エンタシスが語ること
  • 2 ヘブライズムとヘレニズム
  • 3 中国へ、そしてインドから
  • 4 伽藍配置と日本回帰
  • 5 よみがえるエンタシス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 法隆寺への精神史
著作者等 井上 章一
書名ヨミ ホウリュウジ エノ セイシンシ
書名別名 Horyuji eno seishinshi
出版元 弘文堂
刊行年月 1994.2
ページ数 341p
大きさ 20cm
ISBN 4335550561
NCID BN1030128X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94027704
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想