ロシア民謡の歴史 : 民族と風土のうたごえ

北川剛 著

[目次]

  • 目次
  • まえがき / p1
  • 第一部 ロシア民謡の歴史
  • はじめに / p8
  • ユーラシア平原とスラヴ民族 / p10
  • ロシアの大地
  • 十世紀以前のロシア
  • キエフ国家の時代
  • 長篇叙事詩について
  • ノヴゴロド文化と民間伝承 / p23
  • ノヴゴロド文化の時代
  • モンゴールの襲来
  • 民間伝承曲-民謡の芽ばえ
  • 民謡の芽ばえ
  • モスクワ・ロシアとコサック / p32
  • モスクワ・ロシアのはじまり
  • 「ユーリーの日」
  • コサックの出現
  • エルマクの死
  • ボリス・ゴドゥノフと動乱
  • ボリスを殺したディミトリー
  • ステパン・ラージン出現
  • ロシア帝国の発展 / p58
  • ピョートル一世の国づくり
  • プガチョフの叛乱
  • ロマンスの誕生
  • ナポレオン戦争とデカブリスト / p71
  • フランス革命
  • 叛乱のうた
  • ナポレオン戦争
  • デカブリストの叛乱
  • 仕事の歌 / p85
  • 花ひらく民謡と歌曲
  • 農奴解放
  • 仕事の歌
  • 戦争と革命歌
  • ロシアの夜明け / p101
  • 血の日曜日
  • 十月革命
  • 国内戦争の歌
  • 生まれでた三つの合唱団
  • 夜明けの歌
  • 祖国の歌 / p115
  • ネップの第一期第二期
  • 呼応計画の歌
  • 第三次五ヵ年計画
  • 「聖なる戦い」 / p135
  • 独ソ戦争
  • スターリングラードの激戦
  • 勝利した戦争
  • 戦いの中の歌
  • 建設と平和 / p151
  • 自然改造計画
  • 「道」
  • 第二部 ソヴェト紀行
  • 序 / p160
  • 出立--シベリヤ鉄道 / p161
  • バイカル号で
  • ナホトカ上陸
  • 急行列車ロシア号に乗る
  • 二日目の車中
  • シベリヤ流刑囚の町
  • イルクーツク到着
  • モスクワまで / p186
  • 壮大な海・バイカル湖
  • イルクーツクを出発
  • エニセイ・オビ・イルトゥシュ河をこえて
  • ウラルをぬけて
  • モスクワ入り
  • モスクワでの五日間
  • 共和国訪問 / p208
  • アルメニヤへ
  • グルジアへ
  • ウクライナへ
  • 白ロシアへ
  • ラトビアへ
  • 白夜--レニングラード / p244
  • レニングラードでの一週間
  • 帰途--
  • 付録:歌詞詳訳
  • 索引:曲名索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ロシア民謡の歴史 : 民族と風土のうたごえ
著作者等 北川 剛
書名ヨミ ロシア ミンヨウ ノ レキシ : ミンゾク ト フウド ノ ウタゴエ
書名別名 Roshia min'yo no rekishi
出版元 音楽之友社
刊行年月 1968
ページ数 283p 図版
大きさ 20cm
NCID BN10298607
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68007261
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想