「明治」という国家  下

司馬遼太郎 著

二十世紀は「明治」に始まり、いま、その総括の時期にある。激動の昭和が終わり平成となった年は、世界史の一大転換期でもあった。時代のうねりは、歴史を書きかえ、人びとは、自らの行く手に思いを馳せる。歴史のなかに、鮮やかな光芒を放った"「明治」という国家"、その「かたち」を「ひとびと」を、真摯に糺しながら、国民国家の形成を目指した"明治の父たち"の人間智と時代精神の核と髄とを、清冽な筆致で綴り、日本の国家と日本人のアイデンティティに迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第7章 『自助論』の世界
  • 第8章 東郷の学んだカレッジ-テムズ河畔にて
  • 第9章 勝海舟とカッテンディーケ-"国民"の成立とオランダ
  • 第10章 サムライの終焉あるいは武士の反乱
  • 第11章 「自由と憲法」をめぐる話-ネーションからステートへ
  • おわりに "モンゴロイド家の人々"など

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「明治」という国家
著作者等 司馬 遼太郎
書名ヨミ メイジ ト ユウ コッカ
書名別名 Meiji to yu kokka
シリーズ名 NHKブックス 683
巻冊次
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1994.1
ページ数 189p
大きさ 19cm
ISBN 4140016833
NCID BN10261549
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94047006
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想