新婚姻法

宮崎孝治郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 婚姻とその形態 / 1
  • α 婚姻制度の重要性と新民法 / 1
  • β 婚姻型態の種々相 / 6
  • γ 婚姻の法律的意義 / 9
  • 第二章 婚姻の成立 / 11
  • α 婚姻成立のための実質的要件と形式的要件 / 11
  • A) 実質的要件 / 11
  • (1) 婚姻意思 / 11
  • (2) 婚姻年齡 / 12
  • (3) 重婚でないこと / 14
  • (4) 寡居期間 / 14
  • (5) 法定の近親婚でないこと / 15
  • (6) 未成年の子の婚姻と父母の同意 / 18
  • B) 形式的要件 / 21
  • β 婚姻の無効と取消 / 25
  • A) 婚姻の無効 / 26
  • B) 婚姻の取消 / 28
  • γ 婚姻の予約と内縁関係 / 33
  • A) 婚姻の予約(或は婚約) / 34
  • B) 内縁関係 / 37
  • a) 内縁関係の成立 / 41
  • b) 内縁関係の効果 / 46
  • c) 内縁関係の解消 / 51
  • 第三章 婚姻の効果 / 54
  • α 配偶者間の身分的・財産的関係に就ての小沿革 / 54
  • A) ヨオロッパに於て / 54
  • B) 日本に於て / 58
  • C) 婚姻の民法以外に於ける効果 / 62
  • β 婚姻の親族関係・戸籍関係に及ぼす影響 / 62
  • A) 姻族関係 / 62
  • B) 婚姻と戸籍上の変動 / 64
  • γ 夫婦間の権利義務 / 67
  • A) 同居・協力・扶助義務 / 67
  • a) 同居義務 / 67
  • b) 協力義務 / 69
  • c) 扶助義務 / 69
  • B) 貞操義務 / 70
  • C) 成年者たる能力の取得 / 71
  • D) 夫婦間の契約取消権 / 73
  • δ 夫婦間の財産関係 / 75
  • A) 夫婦財産制の比較法学的考察 / 77
  • a) わが國に於ける夫婦財産制の変遷 / 77
  • b) 立法例に於ける夫婦財産制の諸型態 / 82
  • (1) 妻産併呑制 / 82
  • (2) 財産統一制 / 83
  • (3) 共通財産制 / 84
  • (4) 嫁資制 / 86
  • (5) 管理共同制 / 87
  • (6) 別産制 / 88
  • (7) 最近に於ける立法例と立法提案 / 90
  • (i) 瑞典婚姻法 / 90
  • (ii) 剩余共同制 / 92
  • (iii) 所得配分制 / 92
  • (8) 婚姻財産設定 / 94
  • B) 夫婦財産契約 / 97
  • a) 夫婦財産契約の意義 / 97
  • b) 夫婦財産契約の内容 / 101
  • c) 夫婦財産契約の変更 / 102
  • C) 法定財産制 / 104
  • a) 夫婦財産の帰属関係 / 105
  • b) 婚姻費用の分担 / 106
  • c) 日常の家事に関する夫婦の責任 / 107
  • 第四章 婚姻の解消 / 110
  • α 婚姻解消の意義 / 110
  • β 配偶者の死亡 / 111
  • γ 離婚 / 114
  • A) 離婚を認める根拠と別居制 / 114
  • B) 離婚の歴史と專権離婚 / 120
  • a) 欧米に於ける離婚法の変遷 / 121
  • b) 日本に於ける離婚法の変遷 / 128
  • C) 協議離婚 / 133
  • a) 協議離婚を認めた理由 / 137
  • b) 協議離婚の手続 / 138
  • c) 協議離婚の無効及び取消 / 142
  • D) 裁判離婚 / 146
  • a) 裁判離婚の意義 / 146
  • b) 裁判離婚の手続 / 149
  • c) 法定の離婚原因と相対的離婚原因 / 153
  • I) 限定的離婚原因 / 155
  • (1) 配偶者に不貞な行爲があつたとき / 155
  • (2) 配偶者から惡意で遺棄されたとき / 157
  • (3) 配偶者の生死が三年以上明かでないとき / 160
  • (4) 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込がないとき / 160
  • II) 相対的離婚原因 / 162
  • E) 調停離婚 / 165
  • a) 調停離婚の意義 / 165
  • b) 調停離婚の特異性 / 167
  • F) 審判離婚 / 169
  • a) 審判離婚の意義 / 169
  • b) 審判離婚の特異性 / 171
  • δ 離婚の効果 / 173
  • A) 離婚配偶者の法律的地位 / 174
  • a) 夫婦関係の消滅と再婚の自由 / 174
  • b) 姻族関係の消滅と氏の変更 / 175
  • B) 離婚の親子関係に及ぼす影響 / 176
  • a) 子に対する親権と監護 / 176
  • b) 離婚と子の嫡出性 / 178
  • c) 離婚と親子間に於ける扶養・相続関係 / 180
  • C) 離婚の財産的効果 / 181
  • a) 夫婦財産関係の解消 / 181
  • b) 財産分與の請求(離婚給付) / 182
  • I) 財産分與請求(離婚給付)の法律的性質 / 182
  • II) 離婚給付の歴史 / 185
  • III) 米國法上に於けるAlimony / 188
  • IV) 離婚給付を認める根拠とその額 / 191
  • (1) わが法制史上に於ける離婚給付 / 191
  • (2) 民法七六八條の立法根拠 / 192
  • (3) 離婚給付の認否 / 195
  • (4) 離婚給付の額 / 196
  • V) 離婚給付を與える具体的方法 / 197
  • VI) 離婚給付を確実ならしめる方法 / 199
  • c) 祭祀用具の帰属 / 200
  • 第五章 婚姻法に関する経過規定 / 201
  • α 経過規定の基本原則 / 201
  • β 旧法時妻が夫の許可を得ないで爲した行爲 / 203
  • γ 婚姻の取消 / 205
  • δ 詐欺・強迫による離婚の取消期間の起算点 / 206
  • ε 離婚による財産分與請求 / 207
  • ζ 旧法時に生じた事実を離婚原因となしうるか / 208
  • 附録 東京家庭裁判所調停事件統計(昭和二四年一-八月) / 210
  • 事項索引
  • 内外法律索引
  • 判例索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 新婚姻法
著作者等 宮崎 孝治郎
書名ヨミ シン コンインホウ
出版元 有斐閣
刊行年月 1950
ページ数 216p
大きさ 22cm
NCID BN10261378
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
49014113
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想