アインシュタインの時代

アーミン・ヘルマン 著 ; 杉元賢治, 一口捷二 訳

[目次]

  • 序 百年前-1879年ごろの物理学
  • 1909年のザルツブルク-物理学の革命
  • 特殊相対性理論-空間と時間の変換
  • アインシュタインの量子論の概念-自然は飛躍する
  • ラウエのダイヤグラム-エックス線干渉の発見
  • 科学の首都ベルリン-物理学の黄金時代
  • オットー・ハーンとリーゼ・マイトナー-ドイツ放射能研究の創立
  • カイザー・ヴィルヘルム協会-「ビッグ・サイエンス」の夜明け
  • 一般相対性理論-大宇宙の調和
  • 1920年代-量子論の完成
  • 夜、私はドイツのことを考える-学問上の「権力掌握」
  • 第三帝国下の物理学と政治-ユダヤ系の人々の彷徨
  • 原子時代の扉-物理学が世界史になる
  • 再建-マックス・プランク協会の設立
  • アインシュタインとドイツ人-過去の克服
  • 核エネルギーの政治的問題-人類の希望と脅威

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アインシュタインの時代
著作者等 Hermann, Armin
一口 捷二
杉元 賢治
ヘルマン アーミン
書名ヨミ アインシュタイン ノ ジダイ
書名別名 Die neue physik

物理学が世界史になる

Ainshutain no jidai
出版元 地人書館
刊行年月 1993.12
ページ数 246p
大きさ 22cm
ISBN 4805204540
NCID BN10260182
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94060942
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想