ドイツの青春  1

ゴーロ・マン 著 ; 林部圭一 ほか共訳

トーマス・マンの第3子として生まれ、『近代ドイツ史』で知られる歴史家の自伝的回想である。1909年に誕生した著者の幼児期から、第1次世界大戦、ヴァイマル共和制を経て、1933年のヒトラーの政権掌握の時代までをいきいきと語る。マン家の人々-父トーマス、母カチア、才気煥発な姉エーリカ・兄クラウス、弟妹たち-と、伯父ハインリヒなどの親族を抑制された筆致で描き、『魔の山』を創出する重要な契機も明らかにされる。そして両親からの独立の過程で経験することども-ボーイスカウト活動、ザーレム校の寄宿学寮生活、ミュンヘンでの大学生活の開始、ベルリンでのリカルダ・フーフとの親交、炭坑労働…。なかでも寄宿学寮長クルト・ハーンとの出会いは、著者の生き方に永続的な影響を与えることになる。稀有な魂の成長の記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 序幕
  • 2 戦争
  • 3 泣く、笑う
  • 4 読む
  • 5 恐れ
  • 6 死、初めてのとき
  • 7 脱出の試み
  • 8 ザーレム
  • 9 ドイツでの学生時代
  • 10 汎ヨーロッパ運動
  • 11 ベルリン
  • 12 もう一つの体験

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドイツの青春
著作者等 Mann, Golo
岩切 千代子
岩切 正介
林部 圭一
マン ゴーロ
書名ヨミ ドイツ ノ セイシュン
書名別名 Erinnerungen und Gedanken
巻冊次 1
出版元 みすず書房
刊行年月 1993.12
ページ数 307p
大きさ 20cm
ISBN 4622033607
NCID BN10252719
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94023216
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想