CIA日本が次の標的だ : ポスト冷戦の経済諜報戦

フィリップ・メイソン・チャイルズ 著 ; 賀川洋 訳

対日経済諜報にポスト冷戦時代への生き残りをかけるCIAの全貌。米軍ケース・オフィサーとしてCIAに深く関った、情報スペシャリストのインサイド・リポート。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「日本とはもう寝ない」-ポスト冷戦時代は日本が「宝の山」だと気付いたCIA
  • 第2章 日本がターゲットにされやすい理由-これから盛んになるNSAによる電子諜報活動
  • 第3章 経済諜報に邁進する民主党政権-1970年代から90年代へ、アメリカの変遷
  • 第4章 ロバート・ゲーツとジェームズ・ウルジー-経済諜報をめぐるアメリカのお家事情
  • 第5章 政府が民間企業を助けてよいのか
  • 第6章 アメリカを食いものするスパイ大作戦-攻められると意外に弱い先端諜報国家
  • 第7章 まだまだひ弱な日本の諜報機関-カウンター・インテリジェンス能力をいかに高めるか
  • 終章 経済活動の基幹をなすこれからの諜報活動-利敵行為にますます神経をとがらすアメリカ政府の出方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 CIA日本が次の標的だ : ポスト冷戦の経済諜報戦
著作者等 Childs, Philip M
賀川 洋
チャイルズ フィリップ・メイソン
書名ヨミ シーアイエイ ニホン ガ ツギ ノ ヒョウテキ ダ
出版元 NTT
刊行年月 1993.11
ページ数 252p
大きさ 20cm
ISBN 4871882586
NCID BN10248824
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94013305
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想