膜学実験シリーズ  第2巻

日本膜学会 編

本書は、生体機能類似膜からさらに進展し、もはや独自の人工膜の分野を築きつつあるともいえる新しい人工機能膜の基本かつ要素的研究として、薄膜、キャリヤー膜、刺激応答膜、センサー膜・情報交換膜、医療膜材料を選んだ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 薄膜
  • 第2章 キャリヤー膜
  • 第3章 刺激応答膜
  • 第4章 センサー膜情報交換膜
  • 第5章 医療膜材料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 膜学実験シリーズ
著作者等 日本膜学会
清水 剛夫
吉川 正和
民谷 栄一
軽部 征夫
書名ヨミ マクガク ジッケン シリーズ
書名別名 生体機能類似膜編
巻冊次 第2巻
出版元 共立
刊行年月 1994.2
ページ数 348p
大きさ 26cm
ISBN 4320054164
NCID BN10244528
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94023581
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
生体機能類似膜編 清水剛夫 ほか
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想