紙幣が語る戦後世界

富田昌宏 著

冷戦終結により急展開する政治・経済情勢のもと、通貨、特に紙幣は大きく変化してきた。世界中で年間約170種類の通貨、6、700億枚の新札が製造され、各国経済に流れ込んでいる。戦後東欧旧社会主義諸国は、計画経済に伴う恒常的外貨不足に悩み、多様な外貨代用通貨が幅を利かせ、また冷戦構造のもとで局地戦、地域紛争も紙幣に激しい変遷をもたらした。世相を敏感に反映する紙幣の動きを振り返りながら、21世紀を展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 社会主義諸国の「外貨代用通貨」
  • 第2章 ソ連東欧圏の崩壊と新通貨
  • 第3章 戦争・紛争とお金
  • 第4章 二一世紀に向かって

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 紙幣が語る戦後世界
著作者等 富田 昌宏
書名ヨミ シヘイ ガ カタル センゴ セカイ
書名別名 通貨デザインの変遷をたどる
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1994.1
ページ数 202p
大きさ 18cm
ISBN 4121011708
NCID BN1023601X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94034824
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想