色彩心理学入門 : ニュートンとゲーテの流れを追って

大山正 著

色彩の研究は、ニュートンの実験に始まり今日の色表示体系に至る流れと、ゲーテの観察に始まる、色の主観的な体験の現象学の流れとがあり、そこに両者に欠けた色覚の生理学の流れが加わっている。さらに色には、感情や文化と結びつく複雑な側面もある。この広範囲におよぶ色彩のさまざまな問題を、主要な人物の貢献を紹介しつつ解説する。色彩への実用的知識が要求される現在、その課題にも応えてくれる格好な入門書となっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ニュートンにおける光と色
  • 第2章 ゲーテの『色彩論』と視覚の諸現象
  • 第3章 化学者ドールトンと色覚異常研究
  • 第4章 ヤング‐ヘルムホルツの三色説
  • 第5章 ヘーリングの反対色説とその発展
  • 第6章 一つの目に二種の視覚-フォン・クリースの二重視覚説
  • 第7章 動物の色覚
  • 第8章 光の強度と明るさの感覚-フェヒナーの法則とスティーヴンスの法則
  • 第9章 色を立体で表わす-マンセルとオストワルト
  • 第10章 色を数字で表わす-混色の法則とCIEの表色系
  • 第11章 カッツと色の現象学
  • 第12章 色は波長だけではきまらない
  • 第13章 色の効果
  • 第14章 色と感情

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 色彩心理学入門 : ニュートンとゲーテの流れを追って
著作者等 大山 正
書名ヨミ シキサイ シンリガク ニュウモン
書名別名 Shikisai shinrigaku nyumon
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1994.1
ページ数 235p
大きさ 18cm
ISBN 4121011694
NCID BN1023563X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94034570
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想