校正 : 実務と研究

加藤康司 著

[目次]

  • 目次
  • 文字のあるところ校正あり / p11
  • 校正とは何か / p11
  • 文字の歴史 / p14
  • 印刷術の発明 / p17
  • 漢字の渡来と日本の印刷術 / p19
  • 現今の校正 / p26
  • ゲラ刷になるまで / p29
  • 活版工程の機械化 / p29
  • 活字の知識 / p33
  • 文選と植字 / p43
  • 写真植字 / p50
  • 良い原稿、悪い原稿 / p52
  • 校正は印刷所にまかせられるか / p52
  • 良い原稿の条件 / p53
  • 校正の進め方 / p56
  • 校正の基本 / p56
  • フォームの統一 / p61
  • 単独校正か読み合わせか / p65
  • 再校、三校、校了まで / p69
  • 校正用語および活版用語 / p75
  • 校正者心得帳 / p80
  • 良い校正者となるには / p80
  • 博学多識であれ / p83
  • 校正心理学 / p89
  • 一字一字確認せよ / p89
  • 校正の速度は? / p92
  • 外向性の人は向かない / p93
  • 三つの校正 / p97
  • 新聞校正 / p97
  • 雑誌校正 / p109
  • 書籍校正 / p119
  • よく書き違える文字 / p128
  • 誤字を書く三つの型 / p128
  • 誤りやすい文字 / p135
  • 同訓異字 / p154
  • 字義はほぼ同じで二通りに書くもの / p154
  • 二通りに書くものの例 / p160
  • 同音異義語 / p179
  • 同音の熟語が五十以上もある / p179
  • つかい分ける同音異義語 / p182
  • 俗用、誤用 / p201
  • 辞書によっては誤りとしているが、一般に通用している熟語 / p201
  • 俗用、誤用の例 / p202
  • 難訓熟語 / p205
  • むつかしい読み方の熟語 / p205
  • 知っておきたい難訓熟語 / p207
  • 当用漢字表による新しい書き方 / p211
  • 新熟語はどう扱うべきか / p211
  • よくつかわれる書きかえ語 / p218
  • 漢字のむつかしさ / p223
  • 康煕字典と玉篇との違い / p223
  • 字形類似の誤り / p229
  • 誤植の大半はこれである / p229
  • 注意したい字形類似の誤り / p231
  • かなのまちがい / p246
  • 詞藻を生命とする詩の誤植 / p246
  • 音通の誤り / p250
  • 誤植で危くクビ / p250
  • 同音、相似音の誤り / p252
  • 間違った表現はどこまで直していいか / p256
  • 書き違いは誰にもある / p256
  • 小説校正作法 / p261
  • くずし字の読み方 / p261
  • 固有名詞の扱い方 / p266
  • 誤りやすい地名と難読地名 / p266
  • 人名を覚えるのはむつかしい / p277
  • まぎらわしい会社名や官庁、学校 / p285
  • 数字は魔物 / p288
  • 数字の扱い方 / p288
  • 数字の書き方 / p294
  • 不確定数詞の基準 / p295
  • モノの数え方 / p299
  • かなづかいと送りがな / p304
  • まちがえやすい現代かなづかい / p304
  • どぜう、どぢやう / p311
  • 誤りやすい歴史的かなづかい / p312
  • 送りがなの処理の仕方 / p315
  • 外来語の扱い方 / p321
  • 統一のルール / p321
  • 外来語の書き方の原則 / p323
  • 備えておきたい参考書 / p327
  • あとがき / p332

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 校正 : 実務と研究
著作者等 加藤 康司
書名ヨミ コウセイ : ジツム ト ケンキュウ
出版元 有紀書房
刊行年月 1966
ページ数 334p 図版
大きさ 20cm
NCID BN10233758
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
66004897
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想