近代化と宗教 : マックス・ヴェーバーと日本

小笠原真 著

M.ヴェーバー宗教社会学に基づき、日本資本主義精神(日本的エートス)の起源を諸宗教(浄土真宗、禅宗、儒教、心学、キリスト教)及び「家」思想とナショナリズムに探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 マックス・ヴェーバーの基調研究
  • 第2部 日本の近代化と諸宗教
  • 第3部 日本の近代化と「家」およびナショナリズム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代化と宗教 : マックス・ヴェーバーと日本
著作者等 小笠原 真
書名ヨミ キンダイカ ト シュウキョウ
書名別名 Kindaika to shukyo
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 1994.1
ページ数 259p
大きさ 19cm
ISBN 4790704904
NCID BN10197111
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94066815
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想