宋代税政史研究

島居一康 著

[目次]

  • 論文目録
  • 序論 / p1
  • 前編 宋代兩税と課税政策
  • 第一章 宋代兩税の課税基準 / p21
  • はじめに / p21
  • 一 兩税の課税基準に関する從來の見解と問題點 / p24
  • 二 宋代兩税の課税基準 / p34
  • おわりに / p49
  • 第二章 主客戸制と課税政策 / p55
  • はじめに / p55
  • 一 兩税法下における客戸の主戸化と戸名 / p57
  • 二 客戸および佃戸の税役負擔 / p72
  • おわりに / p86
  • 第三章 宋代の逃棄田對策 / p97
  • はしがき / p97
  • 一 北宋初期の逃棄田對策 / p98
  • 二 北宋末期の逃棄田對策 / p117
  • 三 南宋初期における新方式 / p120
  • あとがき / p124
  • 第四章 官田出責と課税政策 / p133
  • はじめに / p133
  • 一 官田出賣策の推移 / p135
  • 二 官田の出賣方式 / p152
  • 三 見佃人對策 / p157
  • 小結 / p166
  • 第五章 身丁税の諸系統 / p183
  • はじめに / p183
  • 一 五代の沿徴としての身丁税と宋初の税制整備 / p185
  • 二 北宋末・南宋初期兩浙路の身丁税と南宋期湖北北部の丁米 / p199
  • おわりに / p205
  • 後編 宋代兩税と財政運用
  • 第一章 戸等の定立とその機能 / p217
  • はじめに / p217
  • 一 宋代五等戸制の成立 / p218
  • 二 五等戸制における戸等定立の基準 / p222
  • 三 免役錢の徴収にともなう戸等定立基準の變化 / p226
  • 四 戸等制の機能と運用方法 / p234
  • おわりに / p239
  • 第二章 戸等と役法 / p253
  • はじめに / p253
  • 一 九等戸制下の職役差充 / p255
  • 二 五等戸制下の差役科派の基準 / p260
  • 三 免役錢の賦課基準 / p265
  • 四 北宋末における役法の推移と賦課基準 / p273
  • 五 南宋の役法と地域差 / p277
  • おわりに / p281
  • 第三章 宋代兩税の折納 / p289
  • はじめに / p289
  • 一 唐末・五代における折納制の展開 / p290
  • 二 宋初における兩税科徴方法の整備 / p299
  • 三 宋代兩税の折納方式と折納價格 / p309
  • 結びにかえて / p320
  • 第四章 納税價格と市場價格 / p335
  • はじめに / p335
  • 一 唐代兩税錢の折納 / p337
  • 二 五代・宋初の兩税絹帛と和預買紬絹 / p350
  • 三 南宋の上供紬絹と折帛錢 / p359
  • おわりに / p373
  • 第五章 北宋上供米と均輸法 / p391
  • はじめに / p391
  • 一 宋代上供米の構成 / p392
  • 二 均輸法と六路上供米 / p402
  • おわりに / p422
  • 第六章 南宋兩税米と上供米 / p433
  • はじめに / p433
  • 一 南宋初期の上供米 / p434
  • 二 上供定額の改定と和糴米の備蓄 / p442
  • 三 南宋における兩税苗米の歳入と上供および留州 / p451
  • おわりに / p459
  • 總結 / p469

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 宋代税政史研究
著作者等 島居 一康
書名ヨミ ソウダイ ゼイセイシ ケンキュウ
出版元 汲古書院
刊行年月 1993.12
ページ数 499, 32p
大きさ 22cm
ISBN 4762925012
NCID BN10176643
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94020460
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想