回路基礎論

大槻茂雄 著

本書は、電気・電子工学の基礎となる交流電気回路理論を平易かつ簡潔に解説した教科書である。半期十数回の講義で扱えるテーマを厳選してある。交流電気現象は複素数を用いて表現すると見通しよく理解できる。本書では、複素数の扱いになじみのない人にもわかりやすいように初歩から説明をしている。また、電力伝送と情報伝達という交流回路の役割が明確となるように解説している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 直流回路
  • 2 正弦波交流と複素表示
  • 3 基本となる交流回路素子と法則
  • 4 イミタンスと交流回路
  • 5 変成器
  • 6 回路方程式
  • 7 複素電力
  • 8 共振回路と周波数特性
  • 9 二端子対回路と信号伝送
  • 10 三相交流回路

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 回路基礎論
著作者等 大槻 茂雄
書名ヨミ カイロ キソ ロン
書名別名 Kairo kiso ron
シリーズ名 電子・情報工学講座 3
出版元 培風館
刊行年月 1993.11
ページ数 163p
大きさ 22cm
ISBN 4563033332
NCID BN10172438
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94014916
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想