近代アジア精神史の試み

松本健一 著

停滞から抵抗、そして成長へ。中国の太平天国の乱は1851年、朝鮮の「東学」開教は1860年、日本で松陰が「国体論」を独創して外国に対抗したのが1856年。その共時性に着目して展開する精神のドラマ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「アジア」の共時性と日本
  • 第1章 民族意識の芽生え
  • 第2章 アジアの自己認識-日本の場合
  • 第3章 国体論の比較学-日本と中国
  • 第4章 「抵抗」としてのアジア
  • 第5章 抵抗と国体
  • 第6章 「インドの魂」
  • 第7章 孤立する自覚者-ファン・タインザン
  • 第8章 軍人=国民のクーデター
  • 第9章 歴史としての「アジアは一つ」
  • 第10章 幻影の「共存共栄」
  • 第11章 アジアの自己解放
  • 終章 「世界史のゲーム」の時代に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代アジア精神史の試み
著作者等 松本 健一
書名ヨミ キンダイ アジア セイシンシ ノ ココロミ
シリーズ名 中公叢書
出版元 中央公論社
刊行年月 1994.1
ページ数 260p
大きさ 20cm
ISBN 4120022757
NCID BN10168984
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94034708
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想