統計学とは何か : 偶然を生かす

C.R.ラオ 著 ; 藤越康祝 ほか共訳

本書は、統計学とは何か?の本質に迫る解説書である。創造性の本質といった哲学的な話題から、かなり専門的事柄にいたるまで、内容はきわめて多岐に亘っている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 不確実性、ランダム性と新しい知識の創造
  • 第2章 不確実性への接近-統計学の進展
  • 第3章 データ解析の原理と方策-データの訊問
  • 第4章 データ解析の原理と方策-重み付き分布
  • 第5章 統計学による真理探求
  • 第6章 統計学と社会-数から学ぶ
  • 補遺(第1章の内容に対する討論
  • スリニバサ・ラマヌジャン-希有の天才)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 統計学とは何か : 偶然を生かす
著作者等 Rao, Calyampudi Radhakrishna
柳井 晴夫
田栗 正章
藤越 康祝
Rao C.Radhakrishna
ラオ C.R.
書名ヨミ トウケイガク トワ ナニカ
書名別名 Statistics and truth. 2nd ed
出版元 丸善
刊行年月 1993.12
ページ数 231p
大きさ 19cm
ISBN 4621039075
NCID BN10166060
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94019160
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想