脳と心の化学

大木幸介 著

[目次]

  • 第1章 脳と心の化学(「心」を「脳」の化学によって解こう
  • 人間の脳を進化にしたがって見てみよう
  • 神経という電線細胞と脳コンピュータの進化
  • 心の根底を創る神経伝達物質という分子
  • 人間性を創る神経伝達物質ドーパミン
  • 動物性を作る神経伝達物質ノルアドレナリン)
  • 第2章 心の病気の化学とその薬(精神病からストレス病までの化学
  • 脳の急所で薬が効く、神経の接続部シナプス
  • 精神安定剤と抗うつ剤
  • ストレス病と抗不安剤
  • 麻薬と覚醒剤)
  • 第3章 脳と心の化学とトレーニング(心の根底は生命の分解過程で創られる
  • 根性の化学とトレーニング
  • やる気の化学とトレーニング
  • 創造性の化学とトレーニング)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳と心の化学
著作者等 大木 幸介
書名ヨミ ノウ ト ココロ ノ カガク
書名別名 No to kokoro no kagaku
シリーズ名 ポピュラーサイエンス
出版元 裳華房
刊行年月 1993.12
ページ数 142p
大きさ 19cm
ISBN 478538588X
NCID BN10165035
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94021974
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想