殉死の構造

山本博文 著

「忠臣蔵」や「阿部一族」を歴史的事実によって検証しつつ、殉死が忠誠心の現れであったという通説を覆す、スリリングな日本文化論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 殉死と忠誠心
  • 1 阿部一族の悲劇
  • 2 情死としての殉死
  • 3 細川忠利の殉死者
  • 4 細川忠興と光尚の殉死者
  • 5 伊達政宗の殉死者
  • 6 下層の殉死者たち
  • 7 殉死者とかぶき者
  • 8 「忠臣蔵」の本質
  • 9 武士道の成立事情
  • エピローグ 殉死解釈にみる死生観の転換

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 殉死の構造
著作者等 山本 博文
書名ヨミ ジュンシ ノ コウゾウ
書名別名 Junshi no kozo
シリーズ名 叢書死の文化 19
出版元 弘文堂
刊行年月 1994.1
ページ数 220p
大きさ 20cm
ISBN 4335250525
NCID BN10127411
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94019146
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想