和歌の浦百景 : 古写真でみる「名勝」の歴史

藤本清二郎 編著

万葉の故地和歌の浦は、近代(明治・大正期)にあっても景勝地として多くの人々が訪れた。当時の写真100点によって、大正14年、和歌山県の「名勝」に指定された風景をここに再現する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 和歌の浦関係絵図・地図資料
  • 高松から玉津島神社へ
  • 市町前の入江(埋立て前)
  • 御手洗池と東照宮・天満宮
  • 不老橋十景
  • 妹背山巡り
  • 旭橋・紀三井寺から名草浜へ
  • 片男波海岸に沿って
  • 和歌の浦関係略年表

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 和歌の浦百景 : 古写真でみる「名勝」の歴史
著作者等 藤本 清二郎
書名ヨミ ワカノウラ ヒャッケイ
出版元 東方
刊行年月 1993.11
ページ数 141p
大きさ 21cm
ISBN 4885913616
NCID BN10124661
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94023186
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想