ドイツ近代科学を支えた官僚 : 影の文部大臣アルトホーフ

潮木守一 著

19世紀後半、プロイセンを中心に国家統一を果たしたドイツ帝国は、自然科学の成果を国力増強に活用すべく、膨大な国家予算を科学研究に投入した。しかしながら、文部省と大学との間には、教授人事、予算配分などをめぐって、絶えざる緊張関係が生まれた。本書は、当時文部官僚として、絶大な権力をふるった一ドイツ人の思想と行動を追いながら、現在でもなおきわめて切実な国家と大学をめぐる問題の起源を探るものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ノーベル賞への道
  • 第2章 学問大国を支配した男
  • 第3章 新たな研究の拠点を求めて
  • 第4章 研究都市の構想

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドイツ近代科学を支えた官僚 : 影の文部大臣アルトホーフ
著作者等 潮木 守一
書名ヨミ ドイツ キンダイ カガク オ ササエタ カンリョウ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1993.12
ページ数 218p
大きさ 18cm
ISBN 4121011635
NCID BN10122870
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94029150
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想