素顔の医者 : 曲がり角の医療を考える

中川米造 著

なぜ日本の医者は権威主義的か?患者数が増え続ける理由は?日本の医者の源を追いつつ医者養成システムをつぶさに検討し、現代医療の構造的問題に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 医学は自然科学か
  • 1 「ありがとう」といわない理由-日本の医者のルーツ
  • 2 手本としてのドイツ医学
  • 3 医者志望
  • 4 人体を解剖する
  • 5 専門教育にすすむ
  • 6 医局という組織
  • 7 病院のなかの医者
  • 8 開業医はいま
  • 9 曲がり角の医療
  • エピローグ 人間の顔をした医療をめざして

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 素顔の医者 : 曲がり角の医療を考える
著作者等 中川 米造
書名ヨミ スガオ ノ イシャ
書名別名 Sugao no isha
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1993.12
ページ数 215p
大きさ 18cm
ISBN 4061491806
NCID BN10121550
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94019215
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想