ロシア正教の千年 : 聖と俗のはざまで

広岡正久 著

九八八年、ロシアはビザンチン帝国より、東方キリスト教を受洗した。結果、文学・美術・建築を移入し、ヨーロッパ文明圏から隔絶された。同じ神を信仰しながら、ローマ法、ルネッサンス、宗教改革を経験し得なかったのである。以来、絶えざるモンゴル軍の襲来、ロシア王朝の盛衰、革命の嵐の中で、抑圧に耐え時代の権力と斬り結んだもう一つのキリスト教の道のりを辿り、政治と宗教が渾然となって織りなす聖なるロシアの千年を跡付ける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 受洗千年祭を祝ったロシア正教会
  • 第2章 生き方としてのキリスト教信仰
  • 第3章 ロシア愛国主義の源流
  • 第4章 第三のローマ・モスクワ
  • 第5章 正統と異端
  • 第6章 国家による教会支配
  • 第7章 ロシア革命と"無神論"体制の誕生
  • 第8章 ソヴィエト体制下のロシア正教会
  • 第9章 宗教ルネッサンスと内部分裂のジレンマ
  • 結章 ソ連崩壊後のロシア正教会と東方正教世界

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ロシア正教の千年 : 聖と俗のはざまで
著作者等 広岡 正久
書名ヨミ ロシア セイキョウ ノ センネン
書名別名 Roshia seikyo no sennen
シリーズ名 NHKブックス 680
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1993.12
ページ数 232p
大きさ 19cm
ISBN 4140016809
NCID BN10121346
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94021577
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想