民俗学の旅

宮本常一 著

自らを「大島の百姓」と称し、生涯にわたり全国をくまなく歩きつづけた宮本常一。その歩みは同時に日本民俗学体系化への確かな歩みでもあった。著者の身体に強く深く刻みこまれた幼少年時代の生活体験や美しい故郷の風光と祖先の人たち、そして柳田国男や渋沢敬三など優れた師友の回想をまじえながら、その体験的実験的踏査を克明かつ感動的に綴る。宮本民俗学をはぐくんだ庶民文化探究の旅の記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 家の歴史
  • 2 祖父
  • 3 父
  • 4 母
  • 5 私にとってのふるさと
  • 6 郵便局員時代
  • 7 小学校教員時代
  • 8 柳田、渋沢、沢田先生にあう
  • 9 アチック・ミューゼアムに入る
  • 10 民俗調査の旅
  • 11 戦時中の食料対策
  • 12 戦後の農漁村をあるく
  • 13 山村と離島
  • 14 学位をもらう
  • 15 日本一長い食客
  • 16 雑文稼業
  • 17 若い人たち・未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民俗学の旅
著作者等 宮本 常一
書名ヨミ ミンゾクガク ノ タビ
書名別名 Minzokugaku no tabi
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1993.12
ページ数 247p
大きさ 15cm
ISBN 4061591045
NCID BN10101167
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94017425
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想