1999年の平らげ方 : ニッコリ猛者が新世紀を手にする発想と行動

岡庭昇 著

本書の1は<提言>である。これはあらためて書き下ろした。"1990年代"の生き方の提言である。2は<日記>から成り立っている。この6年の、わたしのドキュメンタリスト(そして評論家)としての生き方を記録し、否定が激越に否定として徹底するところ、どのように否定の否定としての未来が見えてくるか、を考えてみた。3は尊敬するジャーナリスト・本多勝一さんとの<対談>である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 提言 自分のからだを大事にしよう
  • 2 日記 真理は怒りのなかにある(食の現場から
  • 差別の根っこをあぶり出す
  • 国境の壁を越えて
  • 環境こそが問題だ
  • 活字を斬る
  • からだで考えたこと)
  • 3 対談 1999年を平らげるためのジャーナリズム(本多勝一・岡庭昇)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 1999年の平らげ方 : ニッコリ猛者が新世紀を手にする発想と行動
著作者等 岡庭 昇
書名ヨミ センキュウヒャク クジュウクネン ノ タイラゲカタ
書名別名 Senkyuhyaku kujukunen no tairagekata
出版元 情報センター出版局
刊行年月 1991.11
ページ数 302p
大きさ 22cm
ISBN 4795806330
NCID BN10098801
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92063612
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想