ケインズ一般理論 : 回顧的考察

A.C.ピグー 著 ; 内田忠夫 訳

[目次]

  • 目次
  • 訳者序文
  • 著者序文
  • 一 序説 / p13
  • 二 『一般理論』の主要目的 / p15
  • 三 完全雇用 / p17
  • 四 所得、貯蓄と投資、貨幣存在量と利子率 / p21
  • 五 諸函数 / p25
  • 六 ケインズの基本的構想 / p34
  • 七 ケインズ的均衡に必要な諸条件 / p36
  • 八 ケインズ的均衡の性質 / p41
  • 九 短期均衡の諸状態間の相違 / p46
  • 一〇 投資需要表の相違 / p49
  • 一一 投資供給表の相違 / p60
  • 一二 流動性選好表の相違 / p67
  • 一三 貨幣存在量の相違 / p69
  • 一四 貨幣賃銀率の相違 / p70
  • 一五 複合的相違 / p74
  • 一六 期待 / p77
  • 一七 国家と投資 / p83
  • 一八 ケインズの分析の限界と功績 / p88
  • 一九 結論 / p96
  • 附録 / p100
  • 解説(内田忠夫) / p103

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ケインズ一般理論 : 回顧的考察
著作者等 Pigou, A. C.
Pigou, Arthur Cecil
内田 忠夫
A.C.ピグー
書名ヨミ ケインズ イッパン リロン : カイコテキ コウサツ
書名別名 Keinzu ippan riron
シリーズ名 現代教養文庫
出版元 社会思想研究会出版部
刊行年月 1954
ページ数 137p
大きさ 16cm
NCID BN10098550
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
55001357
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想